GPSジャマーの利用

172 2018/09/15

高速で干渉しにくい無線LAN規格が普及してきたが、まだまだ2.4GHz帯の802.11g規格で無線LAN(Wi-Fi)を利用している方は多いです。無線電波が自宅の電波だけではなく、隣近所など近隣住宅の無線電波まで無数に受信しているような状態も少なくなります。wifi ジャマー は強力な広帯域電波が放出されていることを突き止めました。携帯電話の電波を妨害し続けていた。電波遮断能力がどうなのか知りたくなりました。

携帯電話抑止装置システムは、この携帯基地局からの報知情報の電波と同じ周波数の微弱な電波を出すことにより、通信をブロックし、その後の位置登録、ポーリングを不可能にするため、携帯端末の表示は“圏外”となり、通信が抑止されます。帯電話の通信機能の抑止を確実に行うとともに、日本国における電波法に定められた基準に容易に合致させることを可能としたGPS妨害機を提供することを目的とし、携帯電話の通信機能を抑止するための妨害波です 。

電波妨害者、GPSジャマー、テキストストッパーなどの許可された無線通信を意図的にブロック、渋滞、妨害するように設計された。数年間に映画館で数回の携帯電話を使います。映画の途中で、人々の電話が鳴ります。GPS妨害機を利用する場合、そのような無礼を心配する必要はありません。親としてWi-Fiを自宅で切断する能力と権利があるように、必要に応じて携帯電話信号をカットするオプションが必要です。

ちなみに、この電波妨害機はGPSのジャミングにも対応しています。カーナビやGPSロガーによる追跡や監視があっても、GPSをジャミングして逃れられるということです。活用範囲の広い製品といえるかもしれません。

もし、GPSシステムがインストールされているから、盗難されても取り戻すことができると思うならダメです。盗人もこれが分かる。彼らはGPSジャマーを利用して追跡システムを妨害することができます。

もちろん、禁止されてもネット通販ショップで購入できます。車両盗難に用いられているGPSジャマーもネットショップで買うかもしれません。

関連ブログ 電波妨害器について