高画質までの隠しカメラの妙用

2018/08/21 153

小型カメラの世界では、写真の意味はもちろん豊富ですが、どのような場合でも最初は視覚的に提示されます。その意味合いは視覚体験を通じて視聴者の心に届くため、ビジョンを最初に考慮する必要があります。 それらの間の唯一の媒体は何もないですよ。赤外線カメラは、物体から放射される赤外線を可視化するためのカメラです。赤外線撮影は白黒画像となりますが、可視光に比較して透過性能が高く、通常の可視光撮影では得られない、効果で撮影できます。

腕時計型カメラに関しては、絶対的な意味でのイノベーションは現実的ではありません。 ほとんどの場合、過去の視覚的な結果について小規模なパーソナライズされた実験を行っています。繰り返すのはもちろんありません。 スタイルの繰り返しは両面です。一方では、それは連続性、美しさの遺産をもたらし、一方では、あまりにも堅実な繰り返しは人々を退屈にします。 クリエイターにとっては、自分の創造性に自信がある限り、重複を避けるために行く必要はありません。隠しカメラの妙用についてです。