防水隠しカメラは環境によって選択

2018/09/10 152

防水隠しカメラの多くは、防水キャップや防水ケースを付けて、防水にします。長時間撮影したい時は容量が多いバッテリー隠密性重視の時は小型バッテリーなど環境によって選択できます。

隠しカメラのような電子機器は、水分が苦手です。水分が入ると簡単に壊れてしまいます。スマートフォンを水没させてしまった経験がある人なら、よくわかりますよね。隠しカメラは、室内のように快適な環境で使うときがあれば、屋外の天気が悪いときもあります。防水機能が付いている防水隠しカメラなら、データを水から守ってくれます。いくら決定的な瞬間を撮っていても、データを見ることができないと意味がありません。

完全防水ケース&多彩な取付マウントを標準装備!
コンパクトサイズなのに使える機能満載!最強のトイデジ登場!
フルハイビジョン&1200万画素保存の最強画質!
強力赤外線を5灯搭載!暗闇でもしっかり撮影!
音感検知機能で音を察知!赤外線と音感検知で暗闇での犯罪を逃さない!

リアルタイムで状況を把握できるWi-Fi機能付き隠しカメラは、本当に便利です。使い勝手のよい小型カメラです。