携帯便利の隠し撮りカメラ

2018/09/13 149

証拠映像を撮影できた場合、一般的な防犯カメラの映像以上に細心の注意を払って取り扱わなくてはなりません。取り扱い方次第では大きな問題に発展する可能性もあります。

隠し撮りカメラは、家庭、オフィス、スーパーマーケット店舗やその他のセキュリティ監視に適した、携帯する必要はありません。WiFi機能付き、携帯に直接接続とネットワークを介したリモート接続もできます。カメラをネットに接続すると、どこでも携帯でカメラの画面を見ることができます。WiFiコントロールワイヤレス録画や写真撮影ができます。介護、車庫の監視など、会社や自宅、旅行先からリアルタイム映像が同時に確認出来ます。防犯やペット観察にも適用します。

写真を撮ることは、そのシーンを目で直接見ることと同じで、(相手が見られないようにしているところを撮影するのでなければ)プライバシーの侵害にはならないと思います。しかし、その撮った写真を撮影者以外の人に(たとえ一人でも)見せたとたんにプライバシーの侵害になると思います。防犯カメラで撮影した映像を第三者が見るときは、一般に、強盗の写真のように、プライバシーの侵害以上に違法性の高い事件があったときなので、これは問題にならないと思います。

携帯便利小型wifiカメラですので、アウトドアや家、オフィスなど色々なところでも持ち行くことも簡単です。介護、車庫、会社や自宅、旅行先からリアルタイム映像が確認出来ます。防犯の観察にも適用します。