妨害機の応用について

176 2018/09/03

WiFi 妨害機の応用について無線ネットワークは、その利便性と有効性のために広く使われているが、私たちは無線網を必要としないし、それを遮断する必要がある時に、どんな道具を使いますか。

動作原理無線は電波同士がぶつかると、干渉してしまい、通信が不安定になったり、速度低下を招いたりします。そのため2.4GHzの無線LANを使っている時、そばにある電子レンジを使うと通信が途切れてしまうといったトラブルが起こることもあります。オフィスならワイヤレスのキーボードやマウスなどによって、無線LANの通信が不安定になるケースも少なくありません。

レーダー波がないかを1分以上スキャンして、もし検知された場合は、チャンネル変更と同時に一定時間アクセス禁止になるなど、通信が途切れることがあります。日本全域を覆っている気象レーダーや航空機レーダーが飛び交っている空港の近くなど、レーダーに干渉する環境下では、5GHz帯が不利になることもあります。

それでもこうした特殊な環境を除けば、5GHz帯は他の通信機器による干渉も少なく、高速性や安定性に優れているといえます。応用このような妨害機の装置は今でも一般的に使用されており、無線装置を有効に妨害することができ、あなたの生活のために無線LAN環境が不安定な場合は、電波の干渉をチェックしてみるといいでしょう。

関連ブログ 電波妨害器について