GPS信号遮断機を購入

156 2018/09/12

我々は、GPSの測位装置であることを知って、この製品を用いて、自分の居場所をはっきり知っています。GPSは、ナビゲーションなど、多くの用途があります。しかし、、あなたが知っているのか、不適切なことをするためにそれを使用する悪い人がたくさんいます。追跡されると、財産、さらには個人の安全さえも脅かされます。

GPSは静止衛星の3つ以上をキャッチして自分の位置を知るのですが、その位置を遠隔地で知るためには携帯の位置確認と照合して地図に重ねるので、GPS携帯ジャマーを止めても携帯の電源が入っていれば携帯のリピーター局の位置が解ってしまうので携帯あるいは、車両搭載のリピートBoxを切らなければ位置情報を消滅できません。

GPSって、スマホにGPS追跡アプリ(現在位置追跡機能)としてたくさんあります。勝手にインストールされても、本人が気付かない場合が多々あり、これって常に誰かに行動を監視されているのと同じです。GPS 妨害電波を使えば、GPS追跡アプリからあなたのライバシーを守ってくれます。

例えばご主人、奥様または恋人の車にGPS携帯や位置検索用の機器を置くと(車のトランクや室内、バンパーの裏に付けておくだけで作業完了!)君のパソコンや携帯電話で車の現在地が検索できるのです。GPS電波遮断機検索した場所に急行して探せば直径20mの範囲内で車を見つかることができます。ホテルの駐車場で該当の車両を発見することも可能ですよ。対象者が誰かと出かけるといって車の居場所を検知すれば対象者が嘘をついているかどうかことがわかります。

GPSを遮断したいのなら地下駐車場や立体駐車場にでも入ってしまえばいいのですが、GPS発進がないとわかれば会社は貴方に「今どこにいるのか」を聞くでしょうし、それを答えないのであれば「解雇」されても、なんら違法ではなくなることを覚えて置いてください。

ある人たちが、人はジャマーの購買権利が有るべし、VIP人物はこれら商品を通じて非法追跡を防ぎますと言う。運送業 はいつもGPS追跡機を使って仕事を展開しますが、 携帯電話ジャマーがあれば彼らのボスの監視を防ぎます。犯罪者にとっても、ツールの一つ(ここは展開しません)。国外の囚人にとってはシャックル監視から逃げれます。

保衛省の内部事情に詳しいこの情報筋は、これらの装置は「ドローン」の操縦電波を監視し、妨害する機能を備えている。しかし現在GPS妨害機を規制する法律は無いため、ネットでシガーソケットに挿すだけで利用できるような非常に小型のジャミング装置がたくさん売られているそうだ。写真を見る限りでは、中身は案外単純なようである。ジャマーによる妨害はGPS信号を受信できなくするものなので、暗号化等では対処できないですね。 アンテナの周りにアルミホイルでも巻いて上空からくる信号だけを受信するようにしたほうが効果あるかもしれません。

個人的な安全のために、悪者によって追跡されることを防ぐために、GPS信号遮断機を購入したい、まだ非常に必要だと思います。

関連ブログ 電波妨害器について