信号妨害機の重要性

208 2018/09/13

今日、電磁波を必要とするWIFIなどの電子製品は、生活の中で広く使用されています。大都市だけでなく、農村部でも普及しており、生活の不可欠な要素となっています。 しかし、電磁波にアレルギーがある人も少なくないです。そのタイプの人は、無料のWi-Fiスポットがあるコンビニやファミレスに行くと頭や胸が締め付けられるような圧迫感を感じます。アパートの住人のほとんどがWi-Fi器機を設置していることがわかりました。現代の社会の中ではWi-Fiを使わない人の方が少ないということがだいぶ理解出来ました。

現在の高速通信はかなり速いものが主流となっていて戸建てでも、各部屋に電波が行き届くようになっているようです。ということは電波も強力に発信しているのではないかと、想像しているのですが実際はどうなのでしょう。このような問題があり:同じアパート内で発信されているWi-Fi電波を回避したり遮断する方法はないのでしょうか。

電波法による規制があって、海外のルータのような強力な電波は出せませんが、規制の範囲内で許される最大のパワーを出して3階建ての家で使える商品もあるようです。

Wi-Fiを避けて生活をしたいと考えているのですが、今の現代の社会では難しいのでしょうか。

たしかに難しいようです。アメリカでは、携帯とかルータなどの電波を出す機器を使うことを禁止した街があって、電磁波過敏症の人たちが集まっているといいます。そういう電波利用が禁止の街づくりが必要なのかもしれません。もしくは、防音ボックスのようなものを購入・製作して、そのボックスの内部か外部に、電磁波を遮断する素材を貼り付けるなんてのはどうでしょう?

ちなみに、電磁波は、それが当たった物質に対して、プラスとマイナスの電荷を発生させる「電離作用」があります。その作用があるので、ラジオは音楽を聴けるし、TVアンテナに電気が発生して、それを増幅することで液晶画面等でニュースやドラマを観ることが可能になっているのですね。

そして、人間の神経は電気信号を使って伝わるのだそうです。小麦アレルギー、卵アレルギーというアレルギーもそれらの物質を検知して発生する電気信号が神経を通り、脳に伝わることで発生するのでしょう。一般の方の脳は、その電気信号を無視しているのでしょうが、アレルギー体質の方の脳は、敏感に反応して、場合によっては死に至ることもあるわけです。

同じように、電磁波過敏症の方の神経、あるいは脳が、WiFiの電波に通常の方よりも敏感に反応しているのだと思います。特に、WiFiの電磁波は、電子レンジと同じ周波数帯域ですので、人体に対してラジオやTVなどの電波よりも、影響が強く現れやすいものと思います。

この場合、電波ジャマーは救い主になり、ジャマーは特定の範囲内の携帯電話や無線LANなどの電子製品からの電磁波を遮断し、影響を受けなくなります。 当社にはさまざまなポータブルジャマーがあり、持ち歩くことができ、状況が許せば起動でき、衝撃から解放されます。

関連ブログ 電波妨害器について